HOME>特集>読み取り機械か記録媒体のどちらに問題が発生しているかで対処方法が変わる

HDDは消耗品

大容量のデータを記録しておくためには大抵HDDが使用されますが、そのHDDは消耗品でいずれ寿命がやってきます。また何らかのトラブルによってデータが失われる可能性もあり、専門家でないと対応できない場合に復旧サービスを利用します。

機械のみが壊れている場合

HDDにはいくつかのディスクが内蔵され、それを機械式で読み取ることでデータのやり取りをします。もしその機械部分だけが故障しているのであれば、サービス側が用意する別の読み取り方法を使用して比較的簡単に復旧できます。

広告募集中