HOME>イチオシ情報>早めに対応することが失敗を防ぐ一番のポイント

なぜ自社で挑戦するのは避けるべきなのか

女性

顧客情報を抱える膨大なデータを失うと、企業は大きな機会損失を招くことになります。自社でデータ復旧を試みる企業は少なくありませんが、失敗するたびに復旧率が下がるという現実があります。何度も失敗を繰り返すと、専門会社に依頼しても回復できなくなる可能性があるので、自社での復旧作業は避けたほうがいいでしょう。論理障害であれば機器が故障しているわけではなく、比較的復旧が容易という特徴がありますが、論理障害だと考えていたら実は物理障害だったという事例は多々あります。物理障害の場合はデータ復旧ソフトを活用しても問題は解決せず、さらに故障を進行させる可能性があります。障害のタイプを把握するためにも、専門会社に診断してもらう必要があるのです。

成功率の高い専門会社にまかせる

パソコン修理

データ復旧の専門会社はそれぞれ解決実績に違いがありますから、少しでも復旧率の高い会社に依頼しましょう。何社もハシゴをするような状況になると、成功率は次第に低下していくので、最初の会社選びがポイントになります。物理障害においては故障部品の調達が修理のポイントになるので、部品メーカーとの連携体制を確認してください。どんなにノウハウが豊富にあっても、肝心の部品が手に入らなければ復旧は成功しません。

作業環境が完備された会社に依頼を

PC操作

ハードディスクの修理は非常に繊細な作業を要求されるので、作業環境が充実したデータ復旧会社を利用する必要があります。目視では気づかないほどの小さなゴミが原因でデータを故障させるケースもあるのです。ほこりが飛散しているような環境での作業になれば、肝心の復旧率は低下してしまうでしょう。自社にクリーンルームを設置していることは必須条件ですが、ほかにも保証制度や電話対応などが充実していることも重要です。

広告募集中